FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

再起動!

再起動!

学校が始まります!
休校になって3か月。
というか、6月中旬まで、まともに授業は始まりませんので、ほぼ3か月半授業が停止していた状態になります。
また、多くの専門家は、冬にはコロナが再燃する可能性が極めて高いという意見が多数派。
とすると、受験前の冬には、学校が休校になる可能性は極めて高い!
そうでなくとも、現時点で、すでに本来の指導要領でやるべき年間総学習時間のおよそ4割を失っています。
これは、大変なこと?・・・・

いや、私的には、「おもしろくなってきたな・・」
その一言です。

通常、一旦、固定化された学力の順位は、何年たっても、ほぼ80%が動かないと言われています。
残り20%が上がるわけではありません。
残り20%の内訳は、10%が下がる、10%が上がる。
これが、多くの大手塾・予備校がもっている真のデータです。
塾に行っていても、この数値のままです。
でも、そんなことを言うと、商売にならないから、もちろん言いません。

※私は自分で塾を経営したあとも、多くの予備校、大手個別指導塾で勉強させてもらってきました。
首都圏、トップレベルの集団塾、個別指導塾、家庭教師センターの経営者多くの知人がいますが、結構、ブラックなお方も多いです(笑)
生徒の成長より、売上を伸ばすことだけに興味がある、ある大手個別指導塾の経営者のある「暴言」には、驚いたこともあります。
子供たちの教育に関わる者として、さすがに言えない内容です。

さて、話を戻します。
私がやっている塾は、もともと、逆転を起こすための塾。
普通ほどつまらないものはない。
「できっこないを、やる!」
それが、おもしろい。
子供たちの未来を変えるのが、私や塾の役目。

ただ、通常の時期なら、子供たちに変化を起こすのは、そう簡単ではありません。
きっかけが重要です。
そう、今がそのときなんです。
今、多くの子供たちは、3か月にわたる休校期間により、強制的に白紙に近い状態になっています。
評価も何もなく過ごした3か月。
学習習慣、生活リズムも大きく崩れ、初期化された状態。

初期化されたのなら、今から、再起動し、あらたなものを入れてあげればいい。
「おまえは、やればできる!」と・・

今こそ、絶好のチャンス。
ここを逃せば、大逆転の機会は、しばらく遠のくかもしれません。

これからの数か月の過ごし方で変わる未来。
aftercorona.jpg


これから学校が始まると何が起こるのか簡単に整理しておきましょう。




【これから始まる本当の非常事態】
学校、お子様を待つ、これだけの落とし穴!

①学校の教師も心の中は不安だらけ
3か月間の休校の遅れは、夏休みを大幅に削減しても、カバーできるものではありません。
6月中旬までで、既に総年間授業時間のおよそ4割を失っています。
また、コロナ第二波の再来や生徒の感染で、再度、長期間の休校もあり得るため、教師は急いでカリキュラムをこなすことで頭が
いっぱい。加えて、長時間労働による集中力低下、疲弊、不適応行動の増加。結果・・


●生徒の理解度を超えたペースでの授業が横行! 
●生徒に寄り添う余裕はありません!




②学校休校による子供たちへの影響
・不規則な生活。学習習慣もくずれがち。
受験への不安とストレス。ゲーム依存。スマホ依存。
・勉強を続けるための体力・気力・忍耐力の低下。自分を信じる力の低下。

こういった状況の中、お子様を待ち受ける現実は・・





③学校再開後の子供たちのストレス
最大のストレスは、コミュニケーション能力が低下している中での、新しいクラスメートとの関係づくり。
子どもにとって、学校の人間関係は死活問題。
学校では非常に気を使い、家に帰るころには疲れきっています。
通常、こういったことは授業が楽な4月~5月で経験し、多くの子供たちは乗り越えていきます。
しかし、今回は、その時期は6月中旬~8月中旬にずれ込み、あせりも芽生えます。
また、子供たちの様々な能力が低下した中、授業は猛烈なペースで進みます。
更に今後は、授業時間増や、土曜登校も加わり、非常に大きなストレスが子供たちにかかります。その結果・・

●早いペースの授業で、通常なら落ちこぼれなかった生徒の脱落が加速。
●学力中間層の生徒の多くも、ついていけない状態に追い込まれます。
●学力下位層20~30%の生徒は実質、切り捨て状態に。まったく理解ができない状態に。

もともと、ついていけていない学力下位レベルの生徒(全体のおよそ30%)は不登校や、問題行動が
増える可能性もあります。夏休みも大幅に削減されるため、生徒も教師もストレスが増大。
学力上位層の生徒でも、油断すると転落もあり得ます。
通常、80%は変わらないと言われている「成績・学力の順位」の変動が大きくなる非常事態です。

おもしろくなってきました。
どの子供たちにも、大きく変われるチャンスがやってきました。
これまでの順位をひっくりかえし、「やればできる」との意識を新たにインストールすることができたら、とんでもない変化が起こります。

そのためには、親は足をひっぱらないで見守っていてあげてくださいね。
ダメなところを指摘すると、子どもの自尊感情がなくなりがち。
でも、つい、言っちゃいますよね。

だから、子どもとは、少しを距離をとって、親は勝手に人生を楽しんでください。
それが一番かも。
そして、余裕が、もしあれば・・

不安になっている子供たちの前で
そんなときこそ、親はかっこよく!

「お前なら大丈夫だ。今、勉強しておいて、困っている奴がいたら、助けてやれ!」
父親なら、こんな一言、かっこいいかも!

「あなたたら、大丈夫。でも、困ったら、無理しないでもいいのよ。学校なんか途中で帰ってくればいいから」
お母さんなら、こんな言葉が子供に安心感を与えるかも!

さぁ、ワクワクする6月の始まりです。

親が子供から、何かをもらおうとするとイライラします。
「勉強してほしい。いい子でいてほしい。親を尊敬してほしい。」
ただ、与えるだけでしか、子どもを変えることはできません。
それだけが、イライラしない唯一の方法かもです。

そして、親が「勉強する。かっこいい親になれるよう挑戦する。子供に敬意を払う。」

それが、子どもを立派な大人にする唯一の方法のようにも思える今日このごろです。

私も三児の父親。
お互い、かっこいい大人でありたいですね。
また、近々、親が集まって学ぶ会をオンライン上でやっていきたなって思っています。
学びは大切だって誰でもわかっています。
でも、親をやっていると忙しくてなかなかやる時間がとれません。
だから、皆で集まって、そんな「かっこいい親になるための時間」、一緒につくれたらいいなって思っています。
親も、子も、「今さら」ではなく、「今から」が、全てです。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< 「受験生向け情報セミナー」やります! | HOME | 自粛でも 今日もいい日 にしたいですね>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |