FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

「もう何もかも嫌だ」の治し方

●「もう何もかも嫌だ」の治し方


「もう嫌だ」
「自分なんて、嫌いだ。」
「死にたい」

人間だから、そんなとき、誰だってあります。

生きてても仕方ない。

■そんな気持ちになる理由

大きなトラブル(親しい人との別れ、受験の失敗)のときは、そんな気持ちになります。
でも、こんなとき、何もかも嫌になるのは当然。
悲しさも人生の大切な一部。
しっかりと、受け止める必要があるかもしれません。
そして、実は、それは、心に大きなダメージを与えません。

もっと、我々の心を殺していく無気力や、自信の無さは、実はもっともっと小さいもの。
毎日の生活の中にあります。
毎日の生活の何が、我々から生きる気力を奪っていくのか。

それは・・・・・
毎日の生活が、「なりたい自分」になってないことによる、自分への不信感。

「なりたい自分」を意識できている人で、現実の生活が全く「なりたい自分」になってない人は、無気力になっていきます。
一方、「なりたい自分」が意識できていない人も多いです。
でも、誠実な人であるほど、意識しなくても(無意識)に自分をみつめてしまいます。

生きる気力だったり、自信は、能力の高さから生みだされるものではありません。

「なりたい自分」と「自分が日々、本当に行っている行動」を一致させることが重要です。
自分がこうありたい、こうなりたいと、思っている何者かに、実際に行う思考、行動の頻度、回数、積み重ね。
これが自信になっていきます。
生きる希望、元気の源になっていきます。


〇どうすれば、自信に満ちた生き方ができるのか。

できれば、自分なりの人生の軸となるもの。
それを、コンパスと呼んでも、ミッションと言ってもいいかもしれません。
そういったものがあれば、それは人生を変える力となります。

そういったものを見つけ出すセミナーのようなものを、ライトハウスで、実施してもいいかなって、思います。

でも、それが見つからなくても、生きる希望になる、誰でもできる習慣があります。
でも、ほとんどの人がやっていない習慣。

それは、ただ、与える人になること。

多くのひとが、与えられること、受け取ることを求めています。

愛、友情、得、優しさ。

得られる人は、幸せです。

でも、めったに得られるものでは、ないのではないでしょうか。

でも、与えることならどうでしょう。
我々は、たぶん、その気になれれ、いつでも、どこでも、誰にでも、与える人になることができます。

与えるといっても、自分を犠牲にすることではありません。

ほんの数秒でできることがいっぱいあります。

相手の顔みて笑顔で答えること
ただ、ありがとうと言うこと
相手が失礼でも、優しく接すること
お金を払っていても、相手に感謝すること

数分でできることもいっぱい

大切な人のために何かすること
人の話をしっかりと受け止めること

いつでも、どこでも、誰にでも、私たちは与えることができます。

そして、与えた人は、より多くを与えられるだと思います。
それは、「生きていていんだと思える心」。
そして、それは「なりたい自分」になるための第一歩。

師匠が言ってました。
神様は、私たちに二つのことだけしか求めていない。

「人に親切にしましたか? 人生を楽しみましたか?」

もし、人生に絶望することがあったら、まず人に親切にする。
そこから初めてみませんか?

※シカゴ大学の研究でも、人に親切にする人はホルモンバランスが良くなり幸福感UP、不眠症の改善、時間の焦りがなくなる等のことがわかっています。

また、私たちの心を作っているいるのは、言葉。
人からの言葉、自分にかける言葉。
気を付けたいですね。
親御様も、こどもにかける言葉、気を付けてくださいね。
その積み重ねが、子供の心に立ち向かう勇気の軸となっていきます。

さて、時代は令和にかわります。
素敵なことが、たっくさん、あなたに起こりますように!

1441060.jpg



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ある日の塾のマル秘「内部資料 」 | HOME | ●イチローから学ぶ勉強嫌いを天才に変える方法>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |