FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

秋季特訓 おつかれさま

●秋季特訓

9月29日、30日に小6受験生対象の秋季特訓を開催しました。
小人数制の特訓のため、和気あいあい。



でも、朝早くから、夜遅くまで、ほとんど休む間もなく特訓は続きました。

にも、かかわらず、参加者たちはやたら元気!
最終日の終了後は、
「まだ、帰りたくない」
「もっと勉強したいと」
と驚きの発言。

会場はあえて塾ではなく特設会場を用意。
普段とは違う環境で、仲間と切磋琢磨して学ぶ場を用意しました。

今回の特訓はちょうど、台風と重なり、直前に一部、予定変更もあり、多くの保護者様に多大なご協力を頂きました。
この場をおかりして、感謝を述べたいと思います。

今回の小6特訓で強く感じたのは、保護者様の子供への愛。
朝早くから、お弁当を作ったり、遠くの会場への送り迎え。
頭が下がる思いでした。

私たちスタッフは、その思いを力に変えて、私たちは全力で子供たちを指導しました。

内容は、資料の読み取り問題、読解作・作文の秘技、算数、理科のあるべきスピードの体感と演習、そして徹底した実験。
子供たちにとって、学ぶことは決して少なくなかったと自負しております。

きちんと復習して、この学びをもとに努力を続けたなら、ほんの数か月で偏差値15~20程度など何の問題もなく上がると思っています。

子供たちに伝えたのは入試対策だけでなく、最新のNLP(神経言語ニューロプログラミング)による目標達成手法も実践して学んでもらいました。
初日の朝一番に野原(米国NLPの正式機関での修了者)が担当。
私(安田)も一緒にやってみましたが、非常に効果的な手法だと思いました。

また、私自身は、折にふれ、常識を打ち破る方法を複数、伝えました。
その一つは、アイデンティティ(自分は自分をどう思うか)がいかに大切かを私の経験をもとに伝えました。
伝えているとき、会場は静まりかえり、皆の視線の中に闘志がみなぎるのを感じました。
アイデンティティは人が授けるものでもなければ、英検1級のようにライセンスのための試験が必要なものでもありません。

ただ、今この瞬間、自分がなりたいものに必要なアイデンティティを持てばいいのです。
なりたいアイデンティティを勝手に決め、それを自分のものとすれば、その通りになります。

「私は天才だ。」
そのアイデンティティをもつよう勧めました。

こんな話をしました。
中学2年の終わりまで、私の人生は終わっていたこと。
成績は超下っ端。
スポーツもメジャーな種目は全部ダメ。
仕方ないから、不良の仲間いりみたいな。
親が、教師が、皆が、そして私自身が、自分のことをダメな奴だと思っていました。
ただ、私のおじいちゃんだけが、「この子は天才だ」と言ってくれた。

私はそのアイデンティに救いを求め信じた。
「私は天才だ。」

そこから数か月で、クラス下っ端から、中学全範囲の内容を終了し、クラス3位に。
そこから1カ月ほどで、300人以上いる中で学年3位に。
高校受験のときには、教師に絶対無理だと言われた学校に、学年でただ一人、合格した私がいました。

私は特別ではありません。
むしろ能力は高くないかもしれません。

ただ、アイデンティを変えただけ。
それだけです。
あとで知ったことですが、最新の脳科学の世界では、アイデンティを変えることが、学習効果を際立って高める優れた手法であることが立証されています。
アイデンティティがもたらす学習効果は4倍程度になるようです。

子供たちには、人が作った常識を信じるなと伝えています。
常識では、偏差値の伸びは、今の延長線上に少しずつ伸びるみたいになっています。

普通の人が考える学習の伸び
learning curb

でも、本当の成長は、延長線上にあるのではなく、一瞬で、その他大勢を追い抜くほど上に飛び跳ねるのです。
人の数年分の努力を数日程度で完成させるのが加速学習。


ライトハウスが実践する加速学習
learning curb

その種を、久保田、野原、安田が伝えました。

他の学習を加速させる手法もいろいろ伝えました。
授業中のちょっとした工夫で学習を加速させる方法、ノートで進歩を加速させる手法、読書で本当の成長を得る方法。

安田自身は、読解、作文を担当しましたが、その内容を理解すれば、小6の中でトップになるなんてせこい話ではなく、高校入試レベルでもトップに近い力がつく技を授けています。
並みの人間の、数年間の努力を一瞬で飛び越える技です。

参加してくれたみんな、ありがとう。
授けた種は、まだ、根を張っていない生徒もいたよ。
そう、君(笑)
毎日、その種に水をやるように。
(毎日、その技を使って練習)。
100%確実に奇跡は起きるから。
困ったら、僕か、野原さんか、久保田さんに聞いてね。
learning curb


ちなみに、次回は10月下旬に小5の特訓。
これから実施予定の企画は、高校生向けの英単語特訓(一日で1900語習得)、中3受験生特訓、親子塾(複数の親子がシャッフルして、普段と違うメンバーで互いの夢を語り合い、親子関係の問題解決の一助に)。
ワクワクしますね。


ライトハウスの本のご紹介
(KADOKAWAさんより公表発売中)

今年もこの本で学んだ塾生は日比谷高校等の推薦入試や、難関公立高、私立校に続々合格。
また公立中高一貫校入試にも、圧倒的な効果があったようです。


採点者に好印象を与える
高校入試小論文・作文のオキテ55



今年の入試でも、予想問題が多く的中しています。
また公立中高一貫校でも必読の一冊です。
今年は、公立中校一貫校でも、問題解決型(最近、頻出の傾向)の作文が、神奈川、東京ほか、各地で大量に出題されました。
また、日比谷高校等の難関高校の推薦入試でも、今や、問題解決型の作文・小論文が頻出傾向。
問題解決とは何か。問題解決の方法とは。
こういったことがわかなければ大きな失点につながります。
この本を読めば、問題解決型作文・小論文をはじめ、あらゆる作文・小論文がサクサク書けるようになります!
問題解決型作文の本としては最高の一冊かつ、日本唯一の本です。

面接官に好印象を与える 
高校入試面接のオキテ55



入試面接の本で一番売れてる本です!
早めに読んでおくと、ライバルを一歩リードできます!
購入して、合格してください!









未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |