FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

ほとんどの人がやっていない定着度2倍の学習法

●ほとんどの人がやっていない定着度2倍の学習法

あまり知られていませんが(もしくは言ってもなかなか信じてもらえないのですが)、東大や開成に受かる生徒と、MARCHクラスの大学や中堅の中学・高校に受かる生徒には、能力的な差はほとんどありません。

多くの人が勘違いしています。
「私には能力がない。」
「この子には、無理だ。」

その勘違いが人生をつならないものに変えていきます。
人生は、その人がちょうど思った分だけ、得るようにできています。

だから、どうせ勘違いするなら
「私は何でもできる。」
「この子は天才だ!」

こっちのほうが、得るものが多くなり、楽しい人生になるのは間違いないですね。

さて、本題にもどって、
じゃ、普通の生徒と、突出した生徒はどこが違うのか?
まあ、この思い込みは違いなのですが、今回はマインドではなく、技術的な違いをお伝えしますね。
その違いを知って実践すれば、誰でも天才に近づきます。

こんど出す本は、この「違いをもたらす違い」について書くのも楽しそうだなって思っている今日この頃です。

今日は一つ、大事なことを伝えます。
実践するだけで、記憶が2倍に上がる方法です。

それは、授業中でも、塾の時間でも、家族との会話でも、レストランでも、どこでも使える方法。

「なにか難しい方法を使うの?」
って不安に思わないでくださいね。

たしかに、世の中には、いろんな記憶術の方法があります。
私は、若干、オタク気質なので、この世にあるほとんどの記憶術を実践しました。
一時間で100個の英単語をほとんど完璧に覚える方法とか。
グーグルカレンダーを使った場所法(ある特定の場所に記憶を埋め込んでいく)とか。
そういった方法は、習得するまで少し時間がかかります。
それに、本来の学問としての記憶とは異質の力を使うので、私個人としてあまり好きではありません。

ただ、今回、お伝えするのは、小学生でも、いますぐこの瞬間から使える方法。
その方法は誰でも、今すぐ、この瞬間からできます。
また、対人関係にもいい影響を与える方法です。

使い方を説明します。

こんなシーンを想像してみてください。

●教室で
先生:三国同盟は日本、イタリア、ドイツの三国で締結されました。
普通の生徒:・・・・・・・・(無音)

●レストランで
ウェイトレス:白い容器は水切りとして、黄色の容器はゴマダレ用、青い容器にはポン酢を入れてお召し上がりください。
普通の客:・・・・・・・・はい

これらのシーンで簡単に記憶を2倍定着させる方法を紹介します。

●教室で
先生:三国同盟は日本、イタリア、ドイツの三国で締結されました。
卓越した生徒:三国同盟は、日本、イタリア、ドイツ。  
       ふ~ん。日本、イタリア、ドイツか。


●レストランで
ウェイトレス:白い容器は水切りとして、黄色の容器はゴマダレ用、青い容器にはポン酢を入れてお召し上がりください。
卓越した客:(容器を指さしながら)白いのは水切り、黄色はゴマダレ、青いのはポン酢ね。

そう。
普通の人と、卓越した人の違いは、たったこれだけ。
大切だと思ったことを、自分の口や、手を使って繰り返してるだけ。

誰でもできますよね。

そういえば、誰だって、大好きな人の好きな食べ物や、音楽の趣味は、この方法やってませんでした?
「彼は、ラーメンが好きで、お芋が苦手。彼はラーメンが好きでお芋が苦手」とか。

記憶は繰り返すだけで2倍にUP。
それ以外に身振り手振りを加えれば更にUP。
感情や感覚を付け加えれば更にUP。

さっきの例なら、
「日本、ドイツ、イタリアか。ワールドカップで日本の強敵ばっかじゃん。」とか声に出して言う。
「水切りは水が透明だから近い色の白の容器ね。ゴマは黄色っぽいから黄色の容器ね。残った容器はポン酢ね。」

できる生徒は誰かにそういったやり方を教わっている。
または、自分で考えだした。

まあ、そんなことどっちでもいいです。

ただ、物理学の法則は誰にでも、同じ効果をもたらします。
誰がリンゴ落としても、必ず地面に落ちます。

誰が、この記憶法をやっても、必ず圧倒的な定着をもたらします。

最初は、お母さんか、お父さんが、復唱の手伝いをやってあげてください。
慣れてきたら、子供が一人でできるようになります。

私なら、子供たちにこんなふうに伝えています。
「復唱するだけで、半分の時間で覚えられるんだよ。
 余った時間で、自分の好きなこと何でもできるよ。」
みたいな。

ぜひ、実践してくださいね。


p.s.

塾の合宿場所の視察をかねて息子たちと軽井沢に冒険の旅に行ってきました。
昨日は子供たちと、キャニオリングに初挑戦。
キャニオリングとは、身ひとつで、渓流を下るスポーツ。
滝つぼに頭から飛び込むスリル感はやばいです。
でも、きちんとルールを守れば意外に安全です!
軽井沢から車で25分くらいの谷中のアースさんがお勧めです。
ジェイ先生、ありがとう!

IMG_3991.jpg


夏休み最後の今日は馬に乗ってきました。
意外と小学生でも、一人ですぐに馬に乗れるようになります。
中軽井沢の土屋乗馬倶楽部さんの、指導はすごい!
おすすめですよ。
IMG_3976.jpg



       


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |