FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

イライラする時の対処法

●イライラする時の対処法

このブログを読んでくださっているのは、主にお母さん、それと子供たち!

お母さんの立場では、イライラすることの筆頭は、たぶん、旦那様と子供。
子供の立場では、イライラするのは、まず親。次に友人。

イライラするのは、人生の無駄遣い。
そんなことは、だれしも、わかっています。

でも、イライラしてしまうのが人間。

特に、自分が相手のことを大切に考えて、できること、いろいろ、やってあげてるのに、全く伝わらない。
そんなこと、よくありますよね。
伝わらないどころか、逆切れの反応に会うこともしばしば。

「お母さんは、私のこと、全くわかってない!」
もっとひどい場合なら、
「うるせぇ、ババア」・・・・

逆の立場なら、
「あんたは、バカなんだから、お母さんの言う通りにしなさい!」とか。

家族内のことなら、感情を爆発させることもできます。
精神衛生上は、いい場合もあります。

でも、これが仕事関係の人なら、感情は押さえつけないといけません。
これもまた、すごいストレスです。

先輩のことを考えて、後輩のことを考えて、仲間のことを考えて、
多分、私たちは、誠実にいろいろやっています。
相手のメリットを考えていろいろ動いています。

でも、たいていは、伝わらない。
下手すると「私はあなたに利用されている」なんて言葉もかえってきます。

家族でも、仕事でも、そんな時は、よくて「勝手にしろ」って思いますよね。
ちょっと攻撃的な人なら、「そこまで言うなら、こっちも、言われた通りの対応にかえようかな」って思ったりもします。

でも、お互いが、そんな感じなら、毎日、とっても楽しくないですよね。
あと、イライラしていると、波動が下がるので、運気(仕事運や勉強運、恋愛運)も落ちていきます。

相手がどうあろうと、まずは、自分の波動(振動数)を下げないことが大事。
※最新の物理学では、全ての物体、生物には、固有の振動数があることがわかってきています。
感情にも固有の振動数があることもわかってきています。
そして、幸せには幸せの振動数。
不幸には不幸の振動数があるといいます。
この振動数には、恐ろしい習性があって、同種ものは、引き合ったり、影響しあったりすることもわかってきています。

つまり、不幸な波動でいては、不幸な出来事を呼び込む。
幸せな波動でいたら、もっと幸せな出来事を引きよせると言います。

松下幸之助は、社員を採用するとき、ただ一つ、決めていたことがあると言われています。
彼が面接の時、必ず聞いたのは「あなたは、運がいいですか?」

これは、ある面、自分の波動を自分でコントロールしていますか?
という質問でもあります。

運がいいと思っている人は、運のいいことが起きます。
社員が皆、運がいいと思う人の集まりなら、その会社は無敵です。
松下幸之助は、現代の物理学で、やっと解明されつつある、波動理論(思考にも、固有の振動数がある)を肌で感じ取っていたのでしょう。

ここまで、述べてきたことを、一言で述べると・・・・
不愉快でいることは、自分にとって、おそろしいほど不運を呼び込むってことを自覚すること。

ただ、自覚しただけでは、気持ちを変えられないことも、あります。

そんな時、なにか、脳を切りかえる、決め台詞(きめぜりふ)を、もっておくといいですよ。

私の場合であれば、つい、相手の不愉快な気持ちにあわせて、自分も不愉快になりそうになったり、攻撃的になったりしそうになった時、こんな言葉を思い出します。
「自分が相手に求める変化に、まず自分がなる。」

相手が、自分に愛情をもってくれない。
相手が、自分に不満をもっている。

そんな時は、自分がまず最初に、相手に愛情や関心を差し出す。
相手を許す。
自分が相手に求めていることを、そっくり、そのまま自分が行う。
相手が不満をもっているのは、まだ、自分にそれができていないだけ。

わがままで、未熟な自分に気づかせてくれた相手に感謝。

そして、もっと、
「自分が相手に望む変化に自分自身がなる。」

そう、心から思えた瞬間、全ての怒り、悲しさが、瞬間的に心から消滅します。

変えられるのは、いつだって自分だけ。
相手の心は相手のもの。

でも、
自分が相手に望む変化に、自分がなれとき、変わるのは自分だけでなく、相手との関係も一瞬で変わります。

お母さま、生徒達、よかったら、イライラしたとき、自分の決め台詞をもってください。

そうすると自分の中にある「愛」を思い出します。
イライラするのは、たぶん、自分の中に愛が不足するから。
相手に愛を期待するのではなく、自分が愛を与える側にまわる。

そんなこと、思っている、今日、この頃です。
(まあ、できれば、愛して、愛されるのが理想ですが・・・・・・・・)


471272.jpg





ライトハウスの本のご紹介
(KADOKAWAさんより公表発売中)


採点者に好印象を与える
高校入試小論文・作文のオキテ55


今年の入試でも、予想問題が的中しまくりでした!
また公立中高一貫校でも必読の一冊です。
今年は、公立中校一貫校でも、問題解決型(最近、頻出の傾向)の作文が、神奈川ほか、各地で出題されました。
問題解決型作文の本としては最高の一冊です。



面接官に好印象を与える 
高校入試面接のオキテ55


入試面接の本で一番売れてる本です!
早めに読んでおくと、ライバルを一歩リードできます!
購入して、合格してください!


未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |