FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

合格してもらうために

●合格してもらうために

毎日、毎日、朝起きてから、寝るまで、このことを考えています。
どうしたら、合格させられるか。
どうやったら、成績をあげられるか。

根っから、この仕事が好きなんだと自分自身、苦笑いです・・・・・
で、まわりのスタッフや、先生に、自分の考えを投げかけたり・・・多分、迷惑をかけていると思います。

頭の中には、いつも、突拍子もないアイデアがうずまいています。
でも、まだ、このアイデアは、成績をあげ合格させるためのブレイクスルー(常識をぶちこわし、革新を起こす)のレベルにはなっていません。
だから、私は、ケンカをふっかけているわけではありませんが、まわりの、私より優秀と思える人に、アイデアをぶつけています。

なぜなら、レベルの高い相手との対話は、このブレイクスルーを引き起こすきっかけになるから。

産婆術(さんばじゅつ)というのをご存知ですか?
産婆さんは死語でしょうかね。
今は助産師といいますね。

産婆術とは、赤ちゃんを取りだす産婆さんのように、対話を通して、相手から赤ちゃん(大切で革命的な真理や、革新的な考え)を引き出す術(方法)のこと。
特に「ソクラテスの産婆術」というのが有名で、私はこの方法のすごさを、日々の生活の中で実感しています。

ソクラテスには、こんな逸話(いつわ)が残っています。
ある町の男性とソクラテスは数学の会話をしていました。
その男性は数学については、全くのド素人です。
ですが、対話を続けているうちに、その男性はついに、新しい数学の定理を発見してしまったんです。
それが、産婆術のすごさです。

相手の中や、自分の中から、革新的なアイデアを引き出すには、対話が一番です。
(ちなみに当塾がマンツーマンの対話にこだわっているのも、こういったことにも関係があります。生徒の頭の中で、「わかったー」と本当の意味で、理解に到達するには対話が一番なんです。)

さて、スタッフや、先生方に嫌がられながらも、徐々に新しい塾の姿が見えてきています。

何がなんでも、成績を上げる。
何がなんでも、合格してもらう。
全てはそのためです。

正直、私自身で生徒を教えるなら、それほど難しいことではありません。
実際、私自身で教えた場合には、ほぼ全員の成績を上げることができました。
また、学校の教師にも脳の問題で無理だと言わていたような生徒も、人並み以上の点数を取らせて合格させたこともあります。
学年で一番のワルと言われている生徒や、最低レベルの成績の成績をあげるくらいなら、朝飯前でした。

でも、今、自分ひとりで、面倒をみてあげられる以上の生徒さんが、塾にいらっしゃっています。
正直、生徒さんが多すぎで、ライトハウスの先生に、お任せしているのが実際のところ。
現在、先生の数だけでも、教室によっては45人位になっています。
この先生方が、実際に、生徒の命運をにぎっているのです。

この先生方と、私や、他の信用できる管理スタッフの気持ちが一つにならなければ、子供たちの人生を変えるような指導はできません。
幸い、ライトハウスの先生方は、私も頭が下がる思いの先生方が大半です。
でも、正直、全員が全員、私と同じレベルの指導ができるわけではありません。

ただ、お客様は、私を信じて、先生を信じて、塾にきてくれています。
お子様の人生に大きな影響を与える時期に、私どもを信じて入塾してくれているのです。
死んでも、その気持ちを裏切りたくない。
私はそう思っています。

だから、生徒を合格させるため、自分の能力を日々、あげるのは当たり前のことですが、
今の私にもっと重要なのは、全ての先生に超一流の指導ができる体制を早期に整えること。

今、この連休を利用して、これからの塾の進む道を、新しいシステム、社員や、スタッフの研修システム、授業スケジュールの全てを、見直しています。

通常の個別指導塾の限界を超える塾にしていきたいと思っています。
絶対に合格させる。
先生と生徒が協力して、今まで到達できなかった世界に生徒をつれていってあげたい。

心の中にあるのは、いつも「ライトハウス」
ライトハウスとは、灯台という意味。
ちなみに、私のパソコンの待ち受けには、いつも、なんらかの灯台の写真。
なぜなら、

正直、受験でお子様の人生の重要な部分が決まります。
それを命がけで、子供たちを成長し、合格させるが、当塾ライトハウスの使命。
私が生きている意味でもあります。
それを、写真を見るたびに思いださせてくれます。

shutterstock_715632221.jpg

これからも、私の全てをかけて、スタッフ、講師とともに、お子様を守れる塾、お子様を成長させる塾にしていきます。

この連休中に皆でまた一歩、前進したいと思い、試行錯誤しながら、この連休を楽しんでいます。
とうぞ、皆さまも素敵な連休をお過ごしください。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |