FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

●日本最高頭脳の勉強法

●日本最高頭脳の勉強法

パンツ一枚、裸同然の男子高校生が、私の目の前に立っていました。
それは問題ではないんです。
なぜなら体重を測るための身体測定の最中だから。
でも、当時、高校生だった私に衝撃的な印象を与えたのは、そいつが・・・
パンツ一丁で、順番待ちをしながら、手に参考書を持って勉強していた姿。
「そこまでやるのか、おまえは・・・・」

彼はその後も、私を飽きさせませんでした。
体育祭で短パン姿の時も、遠足でおにぎりを食べている時も、なぜか彼の手にはしっかりと暗記用のプリントが・・・・
その後、彼は東大理科Ⅲ類に現役合格。
東大理Ⅲはやばい奴が多い。
そんな偏見を、彼は私に深く印象づけてくれました!

東大理Ⅲ(医学部)は全国から天才中の天才が集まってきます。
知ってます? 
実は入学者の8割前後は、医者なんかに興味がなく、ただ日本一の偏差値だからと入ってきます。
まあ、結果として、たいてい医者にはなるんですが。
別になりたくてなったわけじゃないので、東大卒の医者は、腕が微妙とのウワサもあるようです・・・・
論文を書くことがメインの仕事で、手術が苦手な(もしくは、できない)教授がざらにいるとか・・・・

そんな理Ⅲは東大の中でも異色の存在。
東大の内部は、ヒエラルキー(階級社会)の世界。
理Ⅲ、文Ⅰ(法)を頂点に、理Ⅰ、理Ⅱ、文Ⅱ、文Ⅲ。
ヘエラルキー下位の学部の女子が、理Ⅲの男を射止めると、ちょっとした噂になることも!?

また、理Ⅲの学生だけの部活は、他の女子大からのマネージャー希望者が殺到。
部員より、マネージャーが多い部もあります。
勉強はできるけど、女子の誘惑にはめっぽう弱く、簡単に落とせるとのウワサの影響か!?
教え好きで、コワイ女性が苦手な理Ⅲ男子を落とすには、「ひたすら笑顔」「質問して教えてもらう」「口答えはしない」、この三つで落とせるとの伝説もまことしやかに・・・


todai.jpg

さてさて、そんなゴシップ話はさておき、本題に!
一昨日、そんな理Ⅲ6名(OB1名)、他学部2名の東大生と、勉強法について語り合う機会がありました。

よかったら、日本最高の偏差値の人がどういう勉強をしてきたのか、参考まで。

●睡眠時間は長い
彼らが受験生だった時の、共通点は、睡眠時間の長さ。
ほぼ全員8時間程度は確保。
寝ている間に人の記憶は定着します。
また、睡眠が短いと、集中力もやる気も下がります。
疲れやすくもなります。
勉強できない人は、日中、ダラダラしているから、夜中まで勉強するはめになる。
でも、ちゃんと寝ないとダメなんですね。

●高2の冬までは勉強時間は3時間前後
高3からは10時間前後の勉強は当たり前。
でも高2の冬までは、ゲームに部活、普通に彼らは生活しています。
ただ、彼らには、小5くらいからの毎日の積み重ねがあるので、単純に一日3時間で受かるとは言い切れませんね。
高1から、理Ⅲをめざすなら、やはりそれなりの長時間勉強は必要かも。

●目標を立て、計画をたてる
自分の実力を把握し、科目別に、いつまでに、どこまで終わらせるかを決める。
理Ⅲの学生たちは、計画をたてるのが得意。
そして一日の生活習慣を固定している人が多数。
何時に勉強するとか、何時に寝て起きるとか。
その習慣が、ヤル気が下がってきたときでも、自分を助けてくれるから。
また、目標をたてる時は、意外と親が登場しています。
母親でも父親でも、子供と一緒に計画をつくってあげる。

●考える勉強
些細な暗記(社会、英語)でも、ただ丸暗記するのではなく、理由を考える。
なぜそうなるのか。
それで記憶に深くとどめる。
また、間違った問題はなぜ間違ったのかとことん理由を考える。

●英単語の暗記
一日目100語。二日日は異なる単語100語、三日目も異なる単語100語を覚える。
この三日間で覚えた単語300語をさらに次の6日間で二回転させる。
つまり、四日目(最初におぼえた100語の復習)、五日目(二日目に覚えた単語の復習)、六日目(三日目に覚えた単語の復習)、七日目(最初に覚えた単語の復習)・・・・・
という要領。
この流れだとおよそ3ケ月で3000語を一旦はカバー。
そして、上記のようなながれを、三回程度繰り返して、完璧に。
ポイントは忘れる前に、すぐに覚えた単語を復習すること。

●親の対応
また、ほぼ全員が親から勉強しろと強制された経験がない。
彼らの一人が言っていた。
「もし言われていたら、絶対やらなかった。読めと言われた本も読まない。
ただ、ひっそりと親の本棚にある本なら読む。」
ここは難しいですね。
親は口ではなく、自分自身の行動。
背中でしめせということですかね。
普段から親が勉強する姿を子供にみせるとか。

最後に、彼ら、ほぼ全員が言っていたのは、理Ⅲに受かるのに才能は関係ない。
誰でも受かる可能性はあると。
ただ、当たり前のことを、当たり前にする。
(それが難しいんですけどね・・・・)

さて、大学の頂点は東大。
個別指導塾の頂点はライトハウス(灯台)笑

当塾でも、引き続き、子供達をかる~く東大程度には、入れてあげられる素養をつけてあげたいと思います。


<


未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |