FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

最強の勉強法

●最強の勉強法


「うちの子は何度おしえてもすぐに忘れてしまう。もうイライラする」

お母様の切実なイライラ(笑)

でも、「すぐ忘れる」、それ普通です。
お母様が、どんなに上手に教えても、やっぱり忘れるものは、忘れるんです。

お子様も一生懸命、覚えようと頑張っています。
その場では、ちょっとだけ覚えます。
でも、やっぱり次の日には、すっかりゼロにもどっています。

そんなお子様を見てお母様の怒りは頂点に達します。
つい
「あんた バカなの?」
と暴言まで飛び出す始末。

もちろん、お子様はバカではありません。
記憶力にも問題がありません。

ただ、勉強の仕方にちょっとだけ問題があっただけです。

話しはちょっと変わりますが
当塾の名はライトハウス。
ライトハウスって海の「とうだい(灯台)」のこと。
だから(?)、この塾は「とうだい(東大)」に受かってもらうことも視野に入れて指導をしています。

東大の先生も多数在籍しています。
そして東大に受かるための勉強法・指導法も研究しています。
そしてその指導法を毎回の授業に取り入れています。

その一つが反転学習。
生徒に毎回の授業で先生役になってもらいます。

「それが何か?」って思いますよね。
「そんなことやってないで、ちゃんど講義してよ」って思いますよね。

でも、その考えが、子供の成績の伸び悩みの原因になっているかもしれません。

人に説明するためには
まず自分がしっかりわかっていないと説明できません。
説明するために、何がポイントなのか、人に教えてもらっている間も深く考えます。
また、人に説明している時に、何がまだわかっていなかったのかも発見します。

東大合格者は、自分で学んだことを都度、自分に説明しなします。
「学んだことを要約して自分に説明」。
そんな習慣を持っているのです。

勉強エリートの彼らはわかっているのです。
この方法こそが、最短時間で最大効果のある方法であることを。


でも、なかなか、最初は要領がつかめませんね。
だから、ライトハウスは完全マンツーマンにこだわって、この学習方法を指導に取り入れています。

つまり反転学習(生徒と先生の役割を反転)することにより、子供達に学習エリートの勉強法を教えています。

慣れてくると、塾なんか通わなくても、一人で学べるようになります。
人は、一人で学んでいる時が、もっとも成長します。

大人数の塾で学んだ気になっているのは、実は気のせいなのかもしれません(笑)

この反転学習の効果を裏付ける研究成果もあるんですよ。
ラーニングピラミッド(学習のピラミッド)というものうをご存知ですか?

学びの「定着率」に関する興味深い研究結果の一つに「ラーニングピラミッド」というものがあります。
「ラーニングピラミッド」は、アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)が、7つの種類の学習活動を通して、「学んだ内容を半年後にどれだけ覚えているかを比較した調査結果」です。

この調査結果によると、講義によって得られた知識の半年後の定着率は5%に過ぎません。
一方、人に教えたことによる定着率はなんと90%。

楽に覚えたければ、人に教える。
子供に覚えて欲しければ、学んだことを説明させる。
がんばって下さいね。



learning.jpg



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |