FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

先生は本当のところ「生徒のこと、どう思ってる?」

先生は何を思って授業しているのか。
生徒のこと、どう思ってるのか。

ライトハウスでは、毎月、先生一人一人からいろんな業務の改善案や、意見をだしてもらっています。
つい最近集まった、先生方の生の声をどうぞ!

※全部はご紹介できませんが、少しだけ、抜粋してご紹介しますね。

O先生
生徒が分かった時にみせる笑顔を見たとき。



A先生
中学2、3年の時、ほとんど学校に通えていなかった生徒が無事に志望校に合格し、高校生活を順調に送れている様子を話してくれました。また「授業内容がよくわかるようになった。先生が教えてくれたおかげ」と言われ講師をしていて本当によかったと思いました。」

I先生
生徒さんが説明を聞いて、わかったと言ってくれた時。やる気のあまりなかった生徒が主体的に勉強に取り組むようになった時。


O先生
生徒が高得点をとってきた時。

I先生
連絡帳に保護者様が「(子供が)塾での学習が大好きだ」と書いてくれた時。宿題をきちんとやってきた時。」


O先生
テストの点数が上がった時や、成績が上がったと生徒から報告される時。受験に関してはその人の人生を大きく左右する大イベントなので、その瞬間に立ちあえた喜びは講師としても、一人の人間としても特別な思いを感じます。
日常的な出来事では、学業以外の相談をうけた時です。自分のことを信頼してくれているからこそ、プライベートな事柄でも相談してくれるわけなので。もちろん一線はひきます。
万能なアドバイスは出来ないし、味方できないかもしれない。でも、聞いてあげることだけはできます。あとは、「学校よりわかりやすい」の一言は殺し文句ですね。

I先生
とくにマンツーマンですので、生徒の方々といろいろ話し、学ぶことや教えられることが多いのがとても有意義で楽しいです。また、その生徒にあった切り口を見出し、何とかでも成果(合格や成績UP)を実現できると、やっていて良かったと心から思います。
塾を卒業した生徒の方が、あいさつに来てくれたりするのも、他塾ではそれほどないと想います。とてもありがたいことです。こうした仕事は大変すばらしい得難い仕事であると感じています。もっともっと多くの生徒さんを教えたいです。

Y先生
生徒の成長を感じる時です。また自分が教えている教科を好きになってくれることが一番喜びを感じます。テキストだけでなく何かいい資料や話題はないかと一生懸命さがしたり、わかり易く説明するにはどうしたらいいのか、考えたりしている時もとても楽しいです。

H先生
先生方とのつながりも心強い。これがなければ続けていけない。


S先生
生徒さんの志望校合格はもちろんですが、先日、ある生徒さんから「先生のおかげで英語を好きになることができました。」と言われた時は大変、嬉しい気持ちになりました。
塾講師意外の職業にも共通するかもしれませんが、様々な子供たちとの出会いがあり、少なからず、その人生に影響を与えていること。そお大きな責任を自覚しながらも、子供達のパワーをもらいつつ働かせて頂いております。

K先生
とにかく私は教えることが好きです。人と関わり合えることにも幸せを感じます。
一番うれしい時は「英語が好きになった。先生に習ってよかった」と言ってもらえる時です。何事も無理矢理やりすぎると嫌になってしまいます。なのでいかに<楽しく興味をもっていただくか>が、とても大切だと思います。
それと「勉強したい」というやる気をもってもらうことが大切です。
講師というのは、様々な年齢の様々な性格の人々と触れ合えるとても特別な仕事です。
講師をしていなかったら、きっと出会えなかった人々もたくさんいます。他の講師の方々と知り合えるのもとても楽しいです。私はこの仕事が嫌になったことがありません。これからも楽しく一生懸命に働かせて頂きたいと思っております。よろしくお願いします。そしていつもありがとうございます。

T先生
とてもおとなしい生徒さんが、やっと慣れてポツポツと話してくれるようになった時。


素敵なコメント、先生方、ありがとうございました。
そして、生徒たち。
だから先生と一緒にがんばろうね!







未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |