FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

入試を振り返って

 今年度の入試がほぼ終了。
ライトハウスの子供達は大健闘してくれた!

公立中高一貫校は一教室当たりの合格者では、首都圏トップクラス、教室によってはトップ!
私立中トップ校にも多くの合格者を出した!
高校受験もほとんどの生徒が第一志望に合格した!
私立大トップ、名門国立大学にも多くの合格者を出した!

また、あらためて「受験は何が起こるかわからない」と実感している。
ライトハウスには、受験生の中にも、こんな子供たちがたくさんいる。
特に高校受験生に多い。

・勉強なんて大嫌いな子
・学校を休みがちな子
・成績がものすごい悪い子(オール1)

受験前、私は数人の生徒に少々弱気になっていた。
「いくらなんでも数年間オール1では、公立高校はきびしいか・・・・」
「数年、ほとんど学校へ行っていない子を公立高校は受け入れてくれるのか」

だが、結果はどうだったか。
そういった子供たちのほぼ全員が合格を果たした。
「だめかもしれない」と思った自分を心から恥じた。

指導している先生たちは、誰も「もうだめなんじゃないか」とは思わなかった。
誰ひとりとして。
その思いが、この奇跡ともいえる結果を招いた。
こういった先生たちと一緒に仕事をしていることは、私にとって最高の名誉だ。
そして心から感謝している。「ありがとう。子供たちと一緒にがんばってくれて。」
そして高校側の配慮にも心から敬意を表する。

本当にいろいろあった1年だった。

私としては上記の結果に、まだ全く、納得はしていない。
まだ子供たちの全力を引き出してはいない。
全員を第一志望に合格させてあげられてもいない。

どうすればいいか。
その答えを、入試が終わった瞬間から塾の仲間たちと話し合い、塾のシステムを変え続けている。

競争相手がいる以上、全員を第一志望に合格させるのことは、100%確実にはできないかもしれない。
だが、その子がもっている力を100%引き出すことはできるはずだ。
入試が終わった、今、この瞬間から、ライトハウスと子供たちの次の戦いはスタートをきった


全ての子供たち。
来年は100%の力で受験会場に向かわせる。
そして必ず、合格を勝ち取る。

私自身は塾を作ったときの気持ちが、いま、心によみがえっている。
保護者様も心の中で、一緒に信じてほしい。

子供を信じる。
その子以上に。

そして、一緒にこの思いも共有してほしい。

「あきらめた瞬間に全ては終わる。あきらめさえしなければ、可能性は残り続ける。」



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |