FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

Hを知って毎日ハッピー

人間関係の基本はH
今月のお話しはHについて!
そこでニヤ~としてる方
へんなこと考えないでね(^.^)

私も相当、変な部類の人間ですが、まさか塾のブログでエロトークはしません(笑)


四つのHについて語ります。

このHの流れ(人間関係なんてこんなもんさ)を知っておくと心に余裕が生まれます。
人間関係のHは第一段階から第四段階まで、順番に動いていきます。
新しい環境や人と接する時、ぜひ、ご活用ください。

第一段階のH
Honeymoon(ラブラブの時)

私自身の経験から話をはじめますが、この「四つのH」について、事前に知っておくことは、誰にとっても大切なことだと思います。
しばらく、私の話しにつきあって下さいね。

さて、私自身、実は、結構、熱い男。
そして結構、ガンコ者です。
仲のいい人なら、みんな知っていると思います。

でも、無駄なトラブルは嫌いなので、外面は、徹底的に温厚で人あたりのいい雰囲気を身にまとっています。

基本、人と争いません。
基本、人の考えを否定しません。
人の個性もそのままにして、改善しようとかも思いません。

自分も、他人も、今、あるまま。
それが最高で、一番だと思っています。

それは無駄なトラブルを避けるのに役立ちます。
自分の健康にも、他の人の健康にも役立ちます。

そんな感じだから、割と誰とでも、ぼちぼち最初はうまくやっていけることが多いです。
多分、みなさんも、そうじゃないですか?


でも、私は、それが仕事に関わる部分だと、見て見ぬふりをできなくなることもあります。

私の考え方の骨格の一つに
「男は、誰が見ていなくとも、仕事に手を抜いてはいけない。」
私にとっては、それは当たり前すぎるくらい、あたり前のルール。
この(私の勝手な)ルールを破る仲間に対しては、私はかなり厳しい・・・かも

仕事は、仕事である以上、大変なことも多い。
それは当たり前。
私自身は、仕事がどんなに大変な時でも、絶対に参ってる感をださない人。
そして、男なら、持っている力を全て出し切るのも当たり前って思っています。

大変なんて当たり前なんだから、そんなことは放っておいて、仕事をいかに楽しくやるかを考えるのは大好き。
人にも、仕事を「ちゃんとやれっ」というのは、かなり、キライなほうです。
(最近は、少しずつ当たり前のことも感謝できるようになってきています。)

第二段階のH
Hostility(敵対関係)

でも、この性格のおかげで、今まで、人とトラブルになったことも少なくありません。
裏切られたことも、少なくありません

社員でも、取引業者でも、関係の最初の頃は、穏やかな信頼関係に包まれて、仕事はスタートします。
でも、私がいつも穏やかな感じだから、ここで、「この人なら大丈夫かな」って、手を抜く人も出始めます。

そうなると、私の対応もかなり、かわってきます。
相手によっては、「同じ人なの」ってびっくりする人もいるかもしれませんね^^;

でも、ここからが本当の勝負。

私は自分も信じていますが、他人も同じくらい信じています。
人間だから、相手によっては、態度を変える人がいるのも仕方ないことです。

穏やかな関係のあと、最悪の時期がやってきて・・・・・
この時こそ勝負。

こんな流れは、職場でも、家庭でも、新婚夫婦でもよくあることですよね。

最悪の関係の時こそ、お互いの違いが鮮明になります。


第三段階のH
Humor(相手の欠点を笑ってラクに見れる時期)

敵対するということは、思想や、物事へのスタイルが、徹底的に違うってことですね。
特に夫婦なんて、本当に、不思議なくらい、相性の悪い人同士が結ばれたりするもの(笑)
職場でも、自分の天敵みたいなタイプの人が、上司だったり、部下、同僚だったり。

でも、長い敵対関係のあと、冷静になってくると、どっか、面白く、おかしい、笑い飛ばせる部分もでてきます。
「よくもここまで、変なことするなー」とか
「ほんとに、自分と正反対。でも、どっか許せるし、参考になる点も実はあるよなー」とか。

人間なんて、みんな、同じような顔してるけど、同じ人など一人もいない。
そして、内面も驚くほどに違う。
人それぞれ、得意なこと、不得意なことも千差万別。
でも、多分、人は、その時、その時点で、自分にできる精一杯のことを、誰もが一生懸命やっている。
ただ、考えかたと、ある特定の能力が違うだけ。
みなが、何かの得意分野を持っている。

人がよくやる間違いは、自分の一番得意な分野で人を判断すること。
自分と違う、相手の個性的なこと、自分より、相当勝っていることは、結構ある!
いや、かなりある。


第四段階のH
Home(調和、ハーモニー、くつろぎ)

戦いのあと、ちょっと、その人の変な点も笑えるようになり、最後に、本当の人間関係にたどり着く。
最初から、このhomeにたどり着ければいいんだけど、どうやら、我々はそういう風には作られていないようだ。

大変な思いをして、やっとここにたどりつく。
この時は、相手の変な所さえ、むしろ、好感をもって眺めている自分に気付く。
自分と違うからこそ、大切だ。
自分と違うからこそ、仲間でいてほしい。

だから、一番つらいとき、
2番目のH(敵意)の時に、相手との関係を終わらせるかどうかは、少し、のんびり、考えてみよう!

そういう私も、リアルに今また、ケンカ(サイトを作ってもらっている会社)してしまったが、まあ、いいやと思っている。
それでも、僕は相変わらず、彼らを信じている。
また、多くを学んだ。
調和に持っていくための、対処法も学んでいる。

そんなふうにして、人は、少しずつ、歩いていくんだろう!?

人間関係の4つのH
これは、異文化と接するときの基本な流れでもある。
他人なんて異文化のかたまり。
この4つのHの流れを覚えていてほしい。
ひどい時も、負けないで!
ひどい時も人間関係の一部。そしてそのあとは、必ず、いい時がやってくるから!!


まとめ
人間関係の4つのH


 Honeymoon (第1段階:発見の連続。この人はなんて素晴らしいんだ!)
 ↓
 Hostility (第2段階:なんか違う。腹立つ!)
 ↓
 Humor (第3段階:異なることをひっくるめて笑いに。もう、しようがないなぁ!)
 ↓
 Home (第4段階:お互いが歩み寄り、新しい文化が生まれる。調和してラク!)


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |