FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

公立中高一貫校に注目!!

今、話題の公立中高一貫校。つい先日、横浜南高校付属中に訪問しました。
入試資料をもらいに伺ったのですが、校長先生をはじめ、入試担当の先生に温かく接してもらい、「素敵な学校だな」と感じました。


20120227121718.jpg
(横浜南高付属中学)


この横浜南高属中は、横浜初の公立中高一貫校とし今春開校。そして2年後の平成26年には川崎初の中高一貫校の市立川崎高校付属中がオープンします。今、ライトハウスの上大岡教室では、たくさんの子供たちが、この南高付属中受検にむけて頑張っています。


●今、なぜ、公立中高一貫校が人気を集めているのか
2011年度に東京都初の公立中高一貫校の白鴎が、第一期生の卒業生をだしました。
白鴎高校と言えば、以前は、目立った進学実績などないに等しい高校でした。しかし中高一貫校になって初の第一期生の結果は・・・
東大5名、一橋・東工大等の名門国公立大学に27名、早慶上智には61名。
生徒数わずか154名での快挙です。誰もがこの結果に度肝を抜かれました。
以降、公立中高一貫校が私立とならぶ難関大学進学への選択肢として一躍注目を集めているのです。 
更に学費は私立中高に進んだ場合に比べ学費は400万円前後も安くなります。
この不景気の時代、親の公立中高一貫校によせる期待は増すばかりですね。


●ライトハウスは公立中高一貫校を応援していきます

 なぜ応援するのか? それは皆が幸せになれるから。世の中には、WIN-LOSEとかWIN―WINの関係とか何かわかったようなことを言う人が多いです。
でも、「人生に勝ちも負けもない」と私は感じています。
ただ、みながHappy-Happyの関係を築ければいいなと考えています。
公立中高一貫校は、私のこの考えにピタッとくるんです。

子供は、受かる落ちるに関わらず、大きく成長するでしょう。
この受検で鍛えられた子は、仮に落ちて近所の公立中にいくことになったとしても、入学時点で、一歩も二歩も進んだ「思考力」や「文章の読解力・記述力」が身についているからです。

そして、この受検に合格するためには親も「子供を育てる」「自分自身を育てる」ということに関してたくさん学ぶ必要があります。その学びを通して、今よりもっと素敵な家族に近づいていけることでしょう。
また合格した場合、私立に比べ浮いた費用を他の価値あることに使って人生をより楽しむことができます。
こうしたこと全てがその家族の人生にプラスに働きます。

だからこそ、私は、がんばる家族を全力で応援していくつもりです。

また「国際社会で通用するリーダーを育成する」っていう公立中高一貫校の熱い志にも興味を惹かれています。
閉塞感が漂うこの日本を救うリーダーの卵たちを、このライハウスから生み出したいと本気で考えています。

 塾としても指導を担う専門講師の育成や、専用教材の整備も進めています。また、半年~1年程度で、学校別のオリジナル教材の制作を完了させる予定です。期待して待っていて下さいね。

なんとしてでも合格させます。子供と、親と、塾のみんなでこの試練を楽しみ、そして突破しましょう!






未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |