FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

親の心

ほぼ、毎日のように、我が家では、受験生の娘と嫁がバトルを繰り広げています。

私からすれば、嫁の恐ろしさは骨身にしみているので、「よくも、まあ、この娘はすごい根性をしているな」と、半ばあきれてみています。

先日の早朝は、一段とハードでした。娘と嫁がやりあう声がうるさくて起こされました。
いつものことなので、しばらく放っておきましたが、あまりに激しそうなので様子を見に行ったら、つかみ合いのケンカになっていました。
その場は、私が介入して、一旦は静かに。私も再び寝室へ。
ただ、5分位後くらいには、バトル再開。
娘の「骨が折れる~! ごめんなさい~!」との大声。
どうやら、嫁の間接技が決まって勝負アリの様子。

こんなにケンカばかりしているのに、この母娘は、すぐにケロっと仲直りして、一緒に外出したりしています。娘は、嫁をとても尊敬しているようです。
多分、どこの家でもこんなもんなんでしょうね!?

そういう私も、普段はヘラヘラしてますが、叱るときは、徹底して叱ります。

私が叱るときは、まず、第1に私の機嫌が悪い時(*^_^*)
第2に、基本的な行動(挨拶や、自分の後片付け)ができてない時。
第3は、う~ん。特にない・・・かな。

まあ、私は、私の機嫌が悪い時に、娘の態度が悪いと叱る。こんなもんです。
よく、育児書なんかには「気分で叱ってはいけない」ようなことを書いてありますが、そんなことは知りません。

子供は、いつか親の手を離れ、社会に出ていかなければなりません。
今、日本の会社で、その日の気分次第で怒らない上司なんて一体、どの位いるんでしょうか?
相手の心の状態を、即座に読んで、うまく対応できるような人間に育てなければ、とてもじゃないけど社会で通用しない人間になります。

あと、人間の能力なんて大差がありません。結局、社会に出て差がつくのは、基本的な行動、例えば、落ちてるゴミ(他の人が捨てたものでも)を拾える人間かどうか。
自分で、座ったイスをもとに戻せる人間かどうか。相手の目をきちんと見て挨拶できるか。
こんなところで、勝負は決まっていくように、感じています。

「この親をクリアできたらどこでも通用する」
嫁も、私も、それが大切な親の役目と考えています。

余談ですが、俳優の哀川翔さんのご家庭は、トイレットペーパーがなくなったのに、見て見ぬふりをしたら、半殺しにするそうです。
「有無を言わずにやれ。そして、俺んちでOKなら、どこでも生きていけるようなる」
それが、哀川家のハードな教育方針。

そうそう、塾では、私、気分次第で叱りませんので、引かないで下さいね。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |