FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

居残り学習は善か悪か!?

いつも、心に少しの迷い(葛藤)を感じながら塾を運営しています。
(情けないリーダーで申し訳ありません。)
そのひとつが、塾での居残り学習。
授業後に残って、自習ブースで学習してもらっています。

残ってやってもらう生徒は、以下の二つのパターンがあります。
①宿題をやってこなかった生徒
②自分で決めた3ケ月毎の目標をクリアできなかった生徒
※その日に都合が悪い子は、別の日に来てやってもOKにしています。

およそ、30分~60分位残って、先生が出した課題や、宿題をやってもらっています。

「厳しすぎやしないか?」
ふと、そんなことを思ったりします。

でも、子供たちの「何でも先送りにする癖」をそして、「面倒くさい」という気持ちを、絶対に見過ごしたくない気持ちも湧きあがってきます。
「ここを、ほっておいて、付け焼き刃の知識を詰め込んだところで、何ほどの意味があるのか・・・」
「子供たちの将来の成長のため、仕方がない・・・・・」
そんなことを考えながら、それでも、子供たちを残してやらせる時、心の中で、子供たちに謝っています。

わるいな、みんな・・・・



先週居残りが嫌だと泣いていた小6のSさん。今週は、授業が始まる時間のずっと前に来て、宿題も授業の予習もバッチリでしたね。初めて漢字の確認テストで満点がとれました。
今日のあなたの笑顔は自信に満ちていました。
中学受験まで、あと半年余り。Sさんなら、きっと大丈夫です。

最近、入塾した中3のE君。先週、君は、授業がない日に来て、2時間くらい、できなかった宿題をやらされていましたね。今日、教えてくれた中間テストの結果に私は驚きました。これまで20点台だった成績が一気に60点台へ。
いつもクールなE君ですが、今日はニヒルな笑顔を見せてくれました。シブイです。
そして、この調子で頑張れば、志望校に必ず合格できます。

君たちの笑顔の一つ一つから、私は、一つずつ、元気をもらっています。
そして、君たちの成長の一つ一つで、私も一歩ずつ、前に向かって歩き続ける勇気をもらっています。

これからも、私は、きっと迷うことも多いと思います。
それでも、君たちの、明日の笑顔を見るために、今日、君が自分の弱さに負けてしまったのなら、少しだけ残って、やるべきことをやってもらいます。
君が自分自身を、もっと信じられるようになるために・・・
君が自分自身を、もっと好きになれるように・・・・・・

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |