FC2ブログ

ちょっと変な塾長のブログ 

ライトハウス・アカデミーに関わる全ての人がHAPPYになりますように・・・・願いを込めて

受験直前 子供に言ってはいけない応援とは!

●受験直前 子供に言ってはいけない応援とは!

受験シーズンに突入しました。
子供たちの努力をずっと見てきたので、自分の子供のように感じます。
でも、受験会場では、助けてあげられません。
自分ひとりで戦わなければならないのです。

だから、もう、心の中で応援することしかできません。

ただ一つ、アドバイスするなら・・・・
「その不安と緊張のままでいい。その不安と緊張は君を合格に近づけてくれる。」
そう伝えたい。

よく、「緊張しないで」という方がいます。
受験業界のプロの人たちでもそう言います。

ただ、緊張や不安なく、「普段どおり」。
それは無理です。
かつ、脳科学的には、残念ながら無意味なアドバイスです。

保護者様が、親心で伝えるぶんには、いいと思います。
(心でつながっているから、科学的には間違っていても、親の気持ちは伝わります。)

ただ、可能なら次のように伝えてあげたほうが、脳科学的には正しいです。
不安、緊張が悪いものだと解釈すると、以下のような流れで、脳がパンクします。


●不安や緊張が悪いものだと思うと引き起こされること

不安・緊張を感じる
  ↓
うまくいかない状況を想像
  ↓
ワーキングメモリがムダに奪われパンクに近づく。
※ワーキングメモリとは脳の処理能力や集中力のこと。
  ↓
脳がパンク。思考力が低下。



緊張や、不安を見ないようにすると、抑えることに無駄なワーキングメモリ(いわゆる集中力)が割かれた肝心の問題を解く集中力が奪われます。
不安や緊張を持つことが悪いことだと思うと、自己否定の気持ちもまざり、問題を解くことのパフォーマンスが落ちます。

ではどうすればいいのか。

基本は、「この緊張・不安をどう使ったらいいか」に置き換える。
健全な神経質は、合格にはむしろ必要なもの。

最近の脳科学の知見でも、以下のことが常識になってきています。

実は、不安や緊張は感じたほうが、はるかにパフォーマンス(成果)は上がる。
不安は準備能力を高めます。
試験前なら、それがそのまま慢心しない、十分な準備につながります。
試験中なら、「どこが見落としているところはないか」、「設問の条件にしっかりと沿っているのか」に使えます。

また、緊張は、脳の血流を早め、判断力、分析力、思考力UPに繋がります。

緊張しいようではダメなんです。
むしろ、ちょっと緊張したほうが、普段以上の力を発揮することができるんです。

ハーバード大学が大規模に行っている実験でも、不安な人の方が様々に試験や面接で高得点を取れることも判明しています。

不安な人は未来や、ケアレスミスに対処する力が高いのです。
ネガティブ感情を受け入れるとポジティブな状態に逆に変わるのです。

ただ、緊張しすぎたら自分にこう言ってみて。
(ドキドキする心臓に手をあてて)
「このドキドキで集中力が上がるんだ!」

20190201.jpg


その不安と、緊張は、君が真剣だからに他ならない。
その不安と緊張を味方にして、本番に臨んできてほしい。

がんばってね。
試験当日、僕も、塾の先生も、心の中で一緒に戦っているよ!





ライトハウスの本のご紹介
(KADOKAWAさんより公表発売中)

昨年もこの本で学んだ塾生は日比谷高校等の推薦入試や、難関公立高、私立校に続々合格。
また公立中高一貫校入試にも、圧倒的な効果があったようです。


採点者に好印象を与える
高校入試小論文・作文のオキテ55



昨年の入試でも、予想問題が多く的中しています。
また公立中高一貫校でも必読の一冊です。
今年は、公立中校一貫校でも、問題解決型(最近、頻出の傾向)の作文が、神奈川、東京ほか、各地で大量に出題されました。
また、日比谷高校等の難関高校の推薦入試でも、今や、問題解決型の作文・小論文が頻出傾向。
問題解決とは何か。問題解決の方法とは。
こういったことがわかなければ大きな失点につながります。
この本を読めば、問題解決型作文・小論文をはじめ、あらゆる作文・小論文がサクサク書けるようになります!
問題解決型作文の本としては最高の一冊かつ、日本唯一の本です。

面接官に好印象を与える 
高校入試面接のオキテ55



入試面接の本で一番売れてる本です!
ぜひ読んで、合格してください!




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

記憶力爆発 3words メソッド

●記憶力爆発 3words メソッド


新年あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年も生徒、保護者様にお役にたてるよう、全身全霊で歩んでまいります。


受験までラスト一カ月!
「もう無理!」
「間に合わない!」

そんな声も聞こえてきそうです。
塾生にはいないことを願いたい(笑)

また、緊張で本来の力がだせていない人もいます。
努力できないのは、大きな問題。
でも、努力はしていても、成果がでないのも大問題。

努力しているんだけど、成果が今一つの人に、(非常識?)なアドバイスを!
それは勉強をマジメに考えすぎないこと!
勉強や受験をゲームのように考えること。
これ、大切。
まじめすぎる人は、受験で人生が決まってしまうように思っている人も少なくありません。
でも、そう考えれば、考えるほと、なぜか人は、能力・記憶力・挑戦する意欲が下がっていきます。

同じ時間、勉強していも、ゲームのように考えている人と、マジメに考えている人では、実は、集中力、学習効果に大きな違いがあることが、最新の研究で明らかになっています。
追い詰められると一見いいようですが、実は、ダメなんですね。
リラックスして、ゲームを効力するようなつもりで、問題にあたる。
これが大切ですね。

また、これから受験する人に役立つ手法を一つ紹介します。
それは3wordsメソッド!
全ての情報を、3語(短い三つの文でも構いません)に凝縮する方法。

人の記憶は嵐の中の、ろうそくのよう。
一瞬で消えていきます。
でも、どんな嵐でも、そのろうそくの回りを三人の手でかこんだなら、その灯りは決して消えません。
3wordsメソッドは、そんなイメージの手法。
たった三つのワードを覚えることで、全体を俯瞰(網羅)する方法です。

読解においてなら、
どんなに長い文章でも、中心となる三つのキーワードを意識するだけで、全体をほぼ要約することができます。

面接においてなら、自己PRとか長々と覚えるのは大変。
また、全て暗記したとしても、暗記したことは棒読みとなって、面接官に好印象を与えるのが難しくなります。
例えば、2019年の私の抱負なら。
挑戦、感謝、愛
この三つを覚えるだけで新年の誓いを、再構築して、自分自身にいつでも説明することができるようになります。
挑戦→新しい本の出版、新規開校の準備
感謝→生徒、保護者様への感謝。自分を支えてくれる仲間への感謝。
愛→愛をもらう側ではなくて、与える人になる。

今日、元旦特訓に来ている小6受験生にも、やってもらいました。
多かった3wordsは、
「合格」「感謝」「協力」
意外に、「協力」と答える生徒が多かったです。
素晴らしい生徒達です。



IMG_4876.jpg


こんな感じです。

また、ちょうど新年ですし、皆さまも、2019年を決める。
三つのwordsを決めてみてはいかがですか。
それは、きっと、あなたを支える灯台の灯りとなると思います。

p.s.
塾生全員の合格を祈願して、学問の神をまつる湯島天神で祈祷をさせていただきました。
勝負はここから。そう、今、この瞬間から!
がんばれーみんな。
「合格の神様は、皆があきらめてしまう、ほんのちょっと先で、微笑んで君が来るのを待っているそうです。」


IMG_4834.jpg

ライトハウスの本のご紹介
(KADOKAWAさんより公表発売中)

昨年もこの本で学んだ塾生は日比谷高校等の推薦入試や、難関公立高、私立校に続々合格。
また公立中高一貫校入試にも、圧倒的な効果があったようです。


採点者に好印象を与える
高校入試小論文・作文のオキテ55



昨年の入試でも、予想問題が多く的中しています。
また公立中高一貫校でも必読の一冊です。
今年は、公立中校一貫校でも、問題解決型(最近、頻出の傾向)の作文が、神奈川、東京ほか、各地で大量に出題されました。
また、日比谷高校等の難関高校の推薦入試でも、今や、問題解決型の作文・小論文が頻出傾向。
問題解決とは何か。問題解決の方法とは。
こういったことがわかなければ大きな失点につながります。
この本を読めば、問題解決型作文・小論文をはじめ、あらゆる作文・小論文がサクサク書けるようになります!
問題解決型作文の本としては最高の一冊かつ、日本唯一の本です。

面接官に好印象を与える 
高校入試面接のオキテ55



入試面接の本で一番売れてる本です!
ぜひ読んで、合格してください!








未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1日で英単語1900語覚える方法

●1日で英単語1900語覚える方法

一日で英単語1900語を覚える。
そんな無謀な「超暗記特訓!」を先月末に開催しました。

参加者は中1~高3までの生徒たち!
朝から夜まで、12時間超の特訓が続きました!

全員が厚い単語帳を何周も、何周も繰り返し、限界に挑戦!
相当疲れたと思うのですが、12時間超に及ぶ特訓後にも関わらず意外と元気な参加者たち!


IMG_4622.jpg


疲れよりも、限界を超えた満足のほうが大きかったのでしょう。

ほぼ完全に覚えた生徒も続出!
中1の生徒も参加していましたが、制覇とまではいかなくとも、中学3年間の単語程度は、かなり完成させていました。

参加者全員が限界を超えた成功を手に入れ、全員が修了証を手に入れました。

IMG_4657.jpg

みんな立派です!
また、これまで英語が大っ嫌いな生徒も複数参加していたのですが、特訓後に英語に対する自覚が変わりました。
塾でやっている定期試験前の英語補講にも、熱心に参加。
定期試験では、とんでもない点数を取るとはりっきっています。
結果が楽しみです。

ところで、どうやったらそんなにたくさんの暗記が可能なのか。
もちろん通常の方法なら不可能。
不可能を可能にするライトハウス独自のメソッドがあります。
それは、超暗記を可能にするポイントは三つのステージ(暗記前、暗記中、暗記後)の最適化でできています。

①暗記前ステージ
脳の状態づくり(脳科学にもとづいた記憶前の状態づくり)
②暗記中のステージ
超記憶を可能にするVAK、12時間連続勉強できる各種テクニック等
③暗記後のステージ
復習のポイント、休憩をいれるタイミング

詳細は企業秘密(笑)で教えられませんが、普通の人は、覚えるときだけの工夫で終わっています。
これだと、ここまでの成果は無理です。
勝負は、覚える前から始まっているのです。

実は、結構、ち密に計算しつくされた特訓でした。
だからこそ、多くの生徒たちが、一日ではありえない成果を手にいれることができました!

この日、生徒達がマスターれは英単語以外でも全ての学習で使える手法です。

当塾(ライトハウス)の方針として
「できるか、できないか」で物事を考えません。

人生でも、勉強でも大切なことは、
「できるか、できないか」ではなく
「やるか、やらないか」

「できるか、できないか」で考えている人は、自分の限界をやる前から決めてしまいます。
「できそうにない」
だから、挑戦しない。

そんなことを繰り返していては、成功はおぼつかない。
何より、つまらない人生になるのではないでしょうか。
できるか、できないかより、人生で大切なことは

挑戦すること!
「やるか、やらないか!」

人が死ぬとき後悔する一番のことは、「挑戦しなかったこと。」

自分の限界に挑戦する。
やってみてダメだったときだけ、「できない」ことがわかります。
やる前から、できるか、できないかを考える意味がありません。

そして、やってみてダメだったら、
こう言えばいい。
「俺は、本当はやりたくなかった」と(笑)

子供たちに限界なんてありません。
無限の可能性だけが真実です。

ライトハウスの本のご紹介
(KADOKAWAさんより公表発売中)

今年もこの本で学んだ塾生は日比谷高校等の推薦入試や、難関公立高、私立校に続々合格。
また公立中高一貫校入試にも、圧倒的な効果があったようです。


採点者に好印象を与える
高校入試小論文・作文のオキテ55



今年の入試でも、予想問題が多く的中しています。
また公立中高一貫校でも必読の一冊です。
今年は、公立中校一貫校でも、問題解決型(最近、頻出の傾向)の作文が、神奈川、東京ほか、各地で大量に出題されました。
また、日比谷高校等の難関高校の推薦入試でも、今や、問題解決型の作文・小論文が頻出傾向。
問題解決とは何か。問題解決の方法とは。
こういったことがわかなければ大きな失点につながります。
この本を読めば、問題解決型作文・小論文をはじめ、あらゆる作文・小論文がサクサク書けるようになります!
問題解決型作文の本としては最高の一冊かつ、日本唯一の本です。

面接官に好印象を与える 
高校入試面接のオキテ55



入試面接の本で一番売れてる本です!
ぜひ読んで、合格してください!







未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お母さま ふぁぃと!

●お母さま ふぁぃと!

受験直前のこの時期、毎日のように、保護者様から勉強や家族関係のご相談がよせられます。
体調に悪影響がでているお母さまもいらっしゃいます。

人は激怒すると交感神経が活性化(闘争モード)になり、免疫系が4時間ほど弱まります。
病気になりやすくなります。

怒鳴ってしまったら、対策として筋肉だけでも笑顔。
心から笑ったほうがもちろんいいのですが、笑顔になるだけでも、副交感神経(リラックスモード)が優位になり、免疫が活性化されます。

感情は「(外部からの影響で)なるもの」ではなく、「(自分で)するもの」。
らしいですよ!?

子育ては毎日が真剣勝負!
我が家も、娘と母親がひどいケンカをして警察のお世話になったことが何回かあります!
はげしい親子です。
こんなこともありました。
ある朝、私が目覚めたら、「殺される。助けて!」と娘の叫び声。
急いで私が駆けつけると、母親のサブミッション(関節技)が完全に決まっていて、娘は動けない状況!
態度の悪い娘は絶対に許さない、すさまじい母の姿がありました。
でも、そんな娘も今は普通の大学生。
全てのことを時が解決してくれることもある・・・・覚えていてくださいね。

反抗期は、「親や学校の考え方、常識に従った生き方」から、子「供自身の気づきや考えで生きる生き方」への変化の過程でおこるもの。
要は成長しているからこそ、起こるもの。
「うちは反抗期がなくて、楽で」みたいなことを聞くこもありますが、
私自身は、それは「やばいなー」って逆に思います。

子供に、自分自身に変化を起こす経験や、探求心、生き様が不足しているからこそ、反抗期を迎えることができないからです。
反抗期は、子供が成長しているからこそ起こる自然な現象。
(親、とくに母親はたまったものではありませんが。)

ただ、必ずものごとには表があれば、裏があります。
人は多分、二つのことを同時に得るのは難しいのかもしれません。

それを理解すれば、生きるのがすっと楽になると、どこかのエライ坊さんも言っていました。

成長の裏には、反抗期。

そもそも、元をたどればこんな表と裏も。

お母さまが、子供を産むと決断したときに、失ったもの、得たもの、とても大切なものが二つ。
失ったのは、自由きままな暮らしと孤独。
得たのは、母として生きる使命を与えられたこと、そして充実感。

この世で、人をつくり育てる母ほど偉大なものはないと私は思います。
その役割と生きる意味を与えてくれた子供に、感謝の気持ちを忘れなければ子供の態度も少しは良くなるかも!?

ちなみ、子供たち、塾ではいっぱーい家のこと話してくれてますよ
結構、ヤバい話題も多いです。

・学校にいきたくない理由
・クラスの嫌なところ
・親のきらいなところ
・親の離婚問題
・夫婦のケンカ

塾は、子供たちの学びの場。
でも、それだけじゃなく、居場所でもあるんですね。

学校と、家庭の間にある第三の場所(サードプレイス)。

子供たちがなんでも、話してくれるからこそ、きっと私たち(塾スタッフ)ができることもあるんじゃないかと思います。

また、私たちライトハウスのスタッフの多くが専門的にカウンセリングを学んでいます。
メンタル系の資格の保有者も多く在籍しています。

こどもたち、そしてお母さまの、悩み事を解決できるようになるために、私自身、いつもえりを正した生き方をしようと思っています。

困ったら、いつでも、ご相談くださいね。
だって、私たちは、ライトハウス(灯台)。
困っているひとの心に、そっと灯りをともすのが生きがいですから・・・・

ligthhouse.jpg




人生でたった一度きりの2018年11月の今日。
今日も、愛にあふれ、人に優しく笑顔で感謝。
自分らしさを発揮して、目標にむかって一歩進んで生きましょうヽ(^o^)丿

ふぁぃと!


ライトハウスの本のご紹介
(KADOKAWAさんより公表発売中)

今年もこの本で学んだ塾生は日比谷高校等の推薦入試や、難関公立高、私立校に続々合格。
また公立中高一貫校入試にも、圧倒的な効果があったようです。


採点者に好印象を与える
高校入試小論文・作文のオキテ55



今年の入試でも、予想問題が多く的中しています。
また公立中高一貫校でも必読の一冊です。
今年は、公立中校一貫校でも、問題解決型(最近、頻出の傾向)の作文が、神奈川、東京ほか、各地で大量に出題されました。
また、日比谷高校等の難関高校の推薦入試でも、今や、問題解決型の作文・小論文が頻出傾向。
問題解決とは何か。問題解決の方法とは。
こういったことがわかなければ大きな失点につながります。
この本を読めば、問題解決型作文・小論文をはじめ、あらゆる作文・小論文がサクサク書けるようになります!
問題解決型作文の本としては最高の一冊かつ、日本唯一の本です。

面接官に好印象を与える 
高校入試面接のオキテ55



入試面接の本で一番売れてる本です!
早めに読んでおくと、ライバルを一歩リードできます!
購入して、合格してください!









未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋季特訓 おつかれさま

●秋季特訓

9月29日、30日に小6受験生対象の秋季特訓を開催しました。
小人数制の特訓のため、和気あいあい。



でも、朝早くから、夜遅くまで、ほとんど休む間もなく特訓は続きました。

にも、かかわらず、参加者たちはやたら元気!
最終日の終了後は、
「まだ、帰りたくない」
「もっと勉強したいと」
と驚きの発言。

会場はあえて塾ではなく特設会場を用意。
普段とは違う環境で、仲間と切磋琢磨して学ぶ場を用意しました。

今回の特訓はちょうど、台風と重なり、直前に一部、予定変更もあり、多くの保護者様に多大なご協力を頂きました。
この場をおかりして、感謝を述べたいと思います。

今回の小6特訓で強く感じたのは、保護者様の子供への愛。
朝早くから、お弁当を作ったり、遠くの会場への送り迎え。
頭が下がる思いでした。

私たちスタッフは、その思いを力に変えて、私たちは全力で子供たちを指導しました。

内容は、資料の読み取り問題、読解作・作文の秘技、算数、理科のあるべきスピードの体感と演習、そして徹底した実験。
子供たちにとって、学ぶことは決して少なくなかったと自負しております。

きちんと復習して、この学びをもとに努力を続けたなら、ほんの数か月で偏差値15~20程度など何の問題もなく上がると思っています。

子供たちに伝えたのは入試対策だけでなく、最新のNLP(神経言語ニューロプログラミング)による目標達成手法も実践して学んでもらいました。
初日の朝一番に野原(米国NLPの正式機関での修了者)が担当。
私(安田)も一緒にやってみましたが、非常に効果的な手法だと思いました。

また、私自身は、折にふれ、常識を打ち破る方法を複数、伝えました。
その一つは、アイデンティティ(自分は自分をどう思うか)がいかに大切かを私の経験をもとに伝えました。
伝えているとき、会場は静まりかえり、皆の視線の中に闘志がみなぎるのを感じました。
アイデンティティは人が授けるものでもなければ、英検1級のようにライセンスのための試験が必要なものでもありません。

ただ、今この瞬間、自分がなりたいものに必要なアイデンティティを持てばいいのです。
なりたいアイデンティティを勝手に決め、それを自分のものとすれば、その通りになります。

「私は天才だ。」
そのアイデンティティをもつよう勧めました。

こんな話をしました。
中学2年の終わりまで、私の人生は終わっていたこと。
成績は超下っ端。
スポーツもメジャーな種目は全部ダメ。
仕方ないから、不良の仲間いりみたいな。
親が、教師が、皆が、そして私自身が、自分のことをダメな奴だと思っていました。
ただ、私のおじいちゃんだけが、「この子は天才だ」と言ってくれた。

私はそのアイデンティに救いを求め信じた。
「私は天才だ。」

そこから数か月で、クラス下っ端から、中学全範囲の内容を終了し、クラス3位に。
そこから1カ月ほどで、300人以上いる中で学年3位に。
高校受験のときには、教師に絶対無理だと言われた学校に、学年でただ一人、合格した私がいました。

私は特別ではありません。
むしろ能力は高くないかもしれません。

ただ、アイデンティを変えただけ。
それだけです。
あとで知ったことですが、最新の脳科学の世界では、アイデンティを変えることが、学習効果を際立って高める優れた手法であることが立証されています。
アイデンティティがもたらす学習効果は4倍程度になるようです。

子供たちには、人が作った常識を信じるなと伝えています。
常識では、偏差値の伸びは、今の延長線上に少しずつ伸びるみたいになっています。

普通の人が考える学習の伸び
learning curb

でも、本当の成長は、延長線上にあるのではなく、一瞬で、その他大勢を追い抜くほど上に飛び跳ねるのです。
人の数年分の努力を数日程度で完成させるのが加速学習。


ライトハウスが実践する加速学習
learning curb

その種を、久保田、野原、安田が伝えました。

他の学習を加速させる手法もいろいろ伝えました。
授業中のちょっとした工夫で学習を加速させる方法、ノートで進歩を加速させる手法、読書で本当の成長を得る方法。

安田自身は、読解、作文を担当しましたが、その内容を理解すれば、小6の中でトップになるなんてせこい話ではなく、高校入試レベルでもトップに近い力がつく技を授けています。
並みの人間の、数年間の努力を一瞬で飛び越える技です。

参加してくれたみんな、ありがとう。
授けた種は、まだ、根を張っていない生徒もいたよ。
そう、君(笑)
毎日、その種に水をやるように。
(毎日、その技を使って練習)。
100%確実に奇跡は起きるから。
困ったら、僕か、野原さんか、久保田さんに聞いてね。
learning curb


ちなみに、次回は10月下旬に小5の特訓。
これから実施予定の企画は、高校生向けの英単語特訓(一日で1900語習得)、中3受験生特訓、親子塾(複数の親子がシャッフルして、普段と違うメンバーで互いの夢を語り合い、親子関係の問題解決の一助に)。
ワクワクしますね。


ライトハウスの本のご紹介
(KADOKAWAさんより公表発売中)

今年もこの本で学んだ塾生は日比谷高校等の推薦入試や、難関公立高、私立校に続々合格。
また公立中高一貫校入試にも、圧倒的な効果があったようです。


採点者に好印象を与える
高校入試小論文・作文のオキテ55



今年の入試でも、予想問題が多く的中しています。
また公立中高一貫校でも必読の一冊です。
今年は、公立中校一貫校でも、問題解決型(最近、頻出の傾向)の作文が、神奈川、東京ほか、各地で大量に出題されました。
また、日比谷高校等の難関高校の推薦入試でも、今や、問題解決型の作文・小論文が頻出傾向。
問題解決とは何か。問題解決の方法とは。
こういったことがわかなければ大きな失点につながります。
この本を読めば、問題解決型作文・小論文をはじめ、あらゆる作文・小論文がサクサク書けるようになります!
問題解決型作文の本としては最高の一冊かつ、日本唯一の本です。

面接官に好印象を与える 
高校入試面接のオキテ55



入試面接の本で一番売れてる本です!
早めに読んでおくと、ライバルを一歩リードできます!
購入して、合格してください!









未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT